窯業系と金属系どっちが安いの?

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

「窯業サイディングと金属サイディングどっちが安いの?」

今週末も、こんな質問がありました。もしかしたら、8割くら
いの人から聞かれているかもしれません。

サイディングとは、板状の外壁材の総称で、窯業とか金属
とは、その素材の話です。

皆さん購入時の値段を聞かれていることが多いので、回答
としては、ほぼほぼ変わりませんのでデザイン性や特性で
選びましょうとお答えします。

もちろん、購入予算や保証期間やメンテナンス性などを比較
して、なるべく安いものが良いですよね。

...ですが、私は決まってこんな質問もします。

「何年住みますか?」 と…

こんな説明もさせて頂きます。

現代屋根や外壁で流行っている、

ガルバリウム鋼板

窯業サイディング

ほぼほぼ10年保証だったり、たまに15年保証製品があったり
しますが、この保証の意味するとことは、

「赤さびや穴あきや塗装」

要するに、不良品は10年間交換するという意味です。

勘違いしてはいけないのは、経年変化による劣化や腐食を保
証 する物ではないという事です。

そこで、保証期間の数字をいつもこんな見方をしてみて下さい
とアドバイスしています。

「保証期間10年と書いてあるならば、10年間は劣化しないよう
に設計製造しています。」

あるいは、

「10年は最低もちますので、11年目に再塗装して下さい。」

と解釈してみて下さいと。

そもそも人工的に製造されている建築材料のほとんどは、風雨
や紫外線による劣化や腐食から守られるように塗装がコーティ
ングされています。

当たり前に実績として、10~15年で塗装が劣化し剥がれ落ちて
なくなってしまうので、ガルバリウムのような鋼板はさびてし まわ
ないように、窯業サイディングのようなセメント系は酸性 雨など
で溶けてしまわないように、再塗装メンテナンスするこ とが必要
です。

そこを理解してもらってから、今一度

・あなたは今何歳で、何歳まで家に住み続けますか?

80才 - 30才 = 50年

・ガルバリウムや窯業を新築に採用するなら、

3~4回 再塗装メンテナンス費が必要ですね。

経験上、一番お伝えしたいことは、神頼みのように

「なるべく劣化しないで、長くもってくれぇ~」

とお願いしたくなるのはやまやまですが、現実的には必ず劣化
するので、メンテナンスをするものだと認識してしまって下さいと
いうことです。

長いマイホーム生活、トータルで材料を理解して選択することが
大切ですね。

日本だったら、タイルも良いと思いますが、そもそも大地震が起
きてしまったらとか、先のことは考えられない…など、ネガティブ
にリスクを考えることもあるならば、私は総合的に純度の高い自
然素材の塗り壁を予算的にもおススメします。

住宅は、保証期間に期待したり、博打のような考え方では成立し
ませんね。計画が重要ですね。

おまけ

「保証が何年だから安心で良い住宅ですよ~」

も、よくありますよね。詳しく確認してみて下さいね。30年保証が付
いている住宅も、10年ごとの有償メンテナンス契約が基本ですよ。

そんな意見交換をした意見交換会でした。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ