住宅に使う覚悟を持てる予算

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

私:「住宅のご予算はいくらですか?」

A様:「—–万くらいです…。」

どこでもよく交わされる住宅営業マンとの会話でしょうか。

けれども、今回はちょっと言葉を変えて聞いてみました。

私:「住宅に使っていっても良い予算はいくらですか?」

「合計いくらまでなら住宅に使っていけるんですか?」

なんか難しい質問ですよね。

…こんな質問をしたのに、皆さん文句を言うどころか、お金
に関する本音の不安を口にし始めます。

A様:「住まいを考え始めた時、まずお金の全貌が本当は気に
なって仕方がない、正直むしろわからないんです…。」

「聞いて良いものなのか、聞かないものなのか…
教わろうとも教えようともなっていないから…」

根拠のない予算で進めてしまうと、一生お金の不安がつきまとっ
てしまう。みんな同じですよね。

それじゃあ何よりも、

「住宅に使う覚悟を持てる予算」

から計算しましょう、ということになりました。

昨今は、専門家が生涯の家計収支を計算して、住宅予算を
算出してくれるケースも多くなってきましたね。

でも、ここで疑問は持ちませんか?

多くのケースが、住宅が建てられる前提で結果が出ていませ
んか?

算出の仕方に??は感じませんか?

結果的に、

業者主導の目線で銀行が貸してくれるからOK

今の家賃と支払が同じだからOK

なんて結果も一つの指標となっていませんか。

算出の仕方は様々ですので、みなさんも考えてみて下さいね。

専門家が算出したから大丈夫だろう、専門家の質問事項に回答
したから大丈夫だろうでは、自分自身の安心とどうしてもミス
マッチが生じてしまいますよね。

大事なのは、任せっきりではなく、みなさんがその内容を理解
し自覚することですよね。

そもそも、単純に

(生涯収入) - (生涯支出)

を計算して、余ったお金そのものが住まいに使っても良いお金だ
と想定はできますね。

将来の想定はみなさんそれぞれにあることなので、こんな支出も
自分にとっては重要では?と、考える方もいらっしゃいますよね。

住宅を維持し続けるコストを考える方
長男であることを気にしている方
年金制度を気にしている方
給料体系を気にしている方
教育方針を気にする方
趣味を気にする方


特に自分が安心できる想定を率先してできるのは自分自身です
よね。

結果的に、自分が想定していた金額よりも少なくなったけど、
自分が納得できる数字を目の前にして、根拠を持って覚悟を決
められたことが何よりも安心のようでした。

住宅に掛けても良い家族の答えを見つけて、ようやく住まい計
画の第一歩が踏み出せることを確認できた意見交換会でした。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ