住宅は買えますか?

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

「住宅は買えますか?」

20代の若いご夫婦からそんな質問がありました。

「まだ若いし、住宅購入なんて生意気でしょうか?」

私は、

「若いということは、何よりも財産ですよ。」

とお答えし、ゲーム感覚で良いので数字合わせをしてみたら、
とおススメしました。

生涯において使っても良い住まい予算を算出してみました。

結果 = 2800万円だった。

その結果を見て、奥様は自然と再就職したら…と思い立ち、再
計算してみた。

産休…育児休暇…退職…同居…可能性あるかないか…
余裕をみて…

結果 = 4300万円になった。

私から、

「家は買える?」

と質問してみたら、ご夫妻は、

「買います!」

と、スッキリした表情でした。

今回は、唯一正しい一つの答えを出してくれる算数のアドバイス。
数字は正直だから、決断の資料には使える。

他の事は、視点や考えによって正しい答えは沢山ある。
数字は正直ですね。
将来の計画すれば、予算は数字だったら簡単に見て取れます。
ただ、怖くて見たくないってことが本音なんですよね。

40才前後のご夫婦が、

住宅買おうかなぁ、賃貸の方が良いかなぁ
もう悩んで何年だろう…

親も高齢になって来たし、
子供も一人部屋が欲しいと言いだしたし、

なんてのも、建築に携わっているとよくある家族の形です。

でも、そんな皆さんのお話しを聞いていると、何年も悩んでいたの
は、購入か賃貸ではないんですよね。

買えるか買えないかのお金に向き合えなかった、というのが長年の
統計です。

今回のご夫婦には、

「若いのにしっかりしてるね!」

なんて言いながら、そんな雑談も交えながらお話ししていました。

数字と向き合うこと、どちらの答えが出ても必ずスッキリします。

どうしても住宅が買いたいなら、数字と向き合って、将来の数字を
見直すことから始める努力をして欲しい。

そんなアドバイスをすることが、次世代の建築屋の役目かなと思う…

このご夫妻が最終的に住宅予算にしたのは、マイホームの維持管
理費&引越代も含めて、4000万円でした。

そんなやりとりをした意見交換会でした。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ