営業マンとのやりとり

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

『最近は、営業マンとよくこんなやりとりしていませんか?』

代表的な例を挙げると、

あなた : 「基礎はベタ基礎が良いと思っているんですけど…」

営業マン : 「弊社は地盤改良もするので、布基礎で十分です。」

こんなやりとりは日常茶飯事ですね。
週末もそんなよくある質問に対して意見交換をしました。

上記のやりとりは、その後お互いのうんちくを雑談し合うが、
営業マンの布基礎に対する力説は変わらないし、あなたも決断
できずにモヤモヤしながらも自己説得に努めるか、あやふやな
まま話が終了…

なんてことが繰り返されませんか。

けれども、こんな質問をしてみたら、答えは全て決まっていませんか?

あなた : 「お金は出せますと言っても、布基礎を勧めますか?」

意地悪な質問ですね。けれども、もうお分かりですね。基礎に限
らず、全てに共通しますよね。

あくまでも営業マンの真意はコストであって、価値のやりとりで
はないですよね。付加価値があるものが高いのはいつの時代も変
わりませんよね。

コスト至上主義の時代ですから、営業マンはいかに自社を安いと
思ってもらえるかに必死です。それに生涯コストではなくて初期
コストであることがほとんど。施工不備や不良品の責任は取って
も、付加価値の責任を取る立場ではない営業マンに、マイホーム
の仕様選択を委ねても意味がありません。

大切なのは、あくまでも自分が住宅に何を優先し何処にお金を掛
けるかを決断するために、営業マンの意見も聞いてみる、という
位置づけだと思います。

基礎に大切なのは何ですか?

安さですか
保証年数ですか
強度ですか
床下防湿性ですか
耐久性ですか
防蟻性ですか
地盤沈下相性度ですか
etc

営業マンもノルマと費用対効果を課せられる仕組みの時代ですか
ら、聞かれなければ答えない、お客さまの興味のあるところしか
提案しない、興味の無いところ見えないところは最大限コスト削
減に努力すると疑いもなく教育される時代です。

だから、打合せも興味があり話題性のある耐震、断熱、デザイン、
工法という建築氷山の一角しかやりとりが行われませんよね。

そんな立場の営業マンに全責任を押し付けないであげて下さいね。

時代ですかね。悪気もなく、どんな話のスタートでも、結末が初
期投資のお金の話にすり替わってしまう…

営業マンの説明の真意が、お金以外の説得力のあるものだったら、
それは興味深いですね。

私だったら、住宅における基礎の担う使命は重要だと決断するので、
タンクレストイレと手洗いカウンターをやめて基礎に費やします…

って感じですかね。

本当は今も昔も変わらず、建築には建築する側の皆さんが確認す
る必要がある建築知識や住まい計画がありますよ。

マイホームなんだから、誰々よりも自分が安心できる計画と決断
をしなきゃ。なんてやりとりした意見交換会でした。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ