同じ図面に見えるのに、総額が違うんですけど…

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

「同じ図面に見えるのに総額が違う…」

近年は、建物の技術や価値はさておき、圧倒的に図面や規模を
比較しただけの総額の違いに関する質問も非常に多いです。

それは、どこで建てても一緒、あとはお金と大きさとデザイン
比較ということでしょうか?建築業界もいよいよ危険信号?

そう思うのは、私的には耐震性や断熱性やデザイン性は明らか
に進歩しているが、耐久性や使用素材や建物の質(仕掛けや工
夫)が明らかに退化している事実があるからですかね。

あまりにも後述を無視し過ぎると、かえって生涯住宅に使うお
金が増えてしまいますので、注意して下さいね。

さて、今回の質問に対しては、建物の技術や価値を説明しなけ
れば理解してもらえませんね。

私がチェックしたところ、もう少し目を凝らしてしっかり確認
しなければ気づかない?、それとももう少し建築を知らないと
わからない?といったところでしょうか。

でも、図面や見積に明記されているのですから、しっかり確認
することは忘れないで下さいね。

一部ですが、その見積の違いとは、

・職人工賃が違う

工法に違いがあるので明らか

A社は、職人技術を必要とする工法
B社は、作業員でも説明書を読めば組み立てられる工法

技術職人と作業員では明らかですよね。

時間とお金に縛られる作業と、プライドを掛ける作業の違いは?

目には見えないけど、
丁寧さや「間違いない」と信頼する価値観の違いは?

あとは、効率や合理化や計算式では加味されない、知恵と経験
による数字以上の職人伝統仕掛けなどの違いでしょうか?

手づくり仕掛けの価値は、建築に限らずみなさんご承知の通り
ですよね。

・図面は同じに見えても、一方の見積には全ての収納部&収納
部屋に造作棚&家具が備付提案で明記されている。

・図面は同じに見えても、備付カウンターや木格子、装飾木飾
りが、一方は既製品ではなく天然木の造作品。

・間取りは一緒でも、一方は大きく屋根の出がある。

屋根の出を大きくして、人間と同じように体や足元が濡れない
ように、お家にも大きな傘を差してあげて、外壁の耐久性や劣
化や、お家に注ぐ夏日射の軽減を加味した家づくりなのでしょ
う。

当然、屋根の出の分の職人工賃もありますしね。

このように一部を見比べて、そりゃ職人の家は高いよね!と思っ
てしまいがちですが、家一軒の総額の計算すると作業員&既製
品の住宅の方が高い…

営業費も高いねとも確認できる。

最後は、何を優先し、あなたの求める価値はどこ?という締め
くくり。

見積詳細の紐をとけば、その会社の心意気も伺えますね!

売れる家づくりなのか、それとも必要な家づくりなのか!

なんてね...

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ