屋根がダサいんですけど…

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

「屋根の形がダサい!?」

最近は屋根のデザインも様々です。

そんな時代だからこそ、まるで刀で切り落としたような
「片流れ」と呼ばれる出っ張りのないシャープな屋根の
形状が非常に多いですよね!

住宅計画をされている方が、こんなことを言うんです。

「昔みたいな△屋根(切妻)は、ダサいし奇抜さもない!」

これ、若い方が良く口にされるようになりました。

最終的にはご家族の判断が答えですが、私はいつものよう
に住宅を計画する上での優先順位をお聞きしました。

耐久性>規模(間取り)>デザイン>性能機能(各種数値)

とご回答。

屋根の役割を確認してもらいました。

人でも家でも、傘は大きい方が心地良くないですか?

そういうことです。

耐久性+メンテナンス性(お手入れ)が最優先であるならば、
屋根の役割を無視できませんよね。

傘の形状が良ければ、濡れないし汚れないし傷みづらい…
日傘にも文字通り役割がありますしね!

最近の住宅は「庇(ひさし)」もないので、小雨でも窓が開
けられません。

庇が無くても夏の強い日差しの問題は、昨今のガラスやカー
テンの性能が上がってきているので、代用品と成り得ること
もあります。

確かに、屋根の出っ張りを無くし、庇も省略…
100万近く安くなる…

必要性よりも、安さや見た目重視の売れる住宅営業競争時代!

最終決断する時には、今一度優先順位の再確認を!!

「食洗機よりも屋根を大きくした方がいいだろっ?」

なにやら家族で天秤に掛けるものが沢山出て来ているようです。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ