土地の見方とは?

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

「自分達に合う土地の探し方」

土地探しでの注意点は、不動産屋さんも月並みな情
報しか伝えてくれない体質もあったりで、結構見落と
すんですよね。

方位方角
日当たり
近隣の利便性(学校、スーパー、交通公共機関etc)
前面道路
隣家の雰囲気や状況

この辺は、誰でも無意識に気になる。

生活に必要な水道・ガスなどの宅地内への引込有無
電柱の位置
建築条件付き

ここまでも、説明があったりしますかね。

ただし、以下のように土地って見るところ盛りだくさん
なんですよ!

隣地の塀の状況
隣地の土留の状況
土地内や隣地との地盤高低差
道路境界線との段差や障害ブロック
地盤データ
自分達が必要とする建物や駐車場の大きさや配置のシミュレーション
(土地から購入してしまう人は、できません。)
除雪シミュレーション
雪の処理や置き場所
防火地域であるがゆえの建物予算注意点
角地の良い所悪い所



etc

これだけでも土地価格以外にチェックする項目っていっぱい
ありますね。

土地を見に行く時は、必ず信頼する建築のプロを同行させて
下さいね。

「周りと比べると安いんです!掘り出し物の土地をみつけま
したぁ!」

なんて、よ~く嬉しそうに相談を持ちかけられますが、安いに
は絶対理由があるんです。購入してからの土地整備費が多
いんです。

【参考】

土地や住宅購入には、順番があることを認識して欲しいと、
いつもアドバイスさせて頂きます。

土地建物に使える予算を知る。

生涯家族に必要な適正な建物面積を知る。

その建物に必要な予算を知る。

その建物を建築する最低必要土地面積を知る。

土地建物に使える予算から、建築に必要な予算を差引き
土地に使える予算を知る。
(もちろん整備費や諸経費や引越なども含めて全て)

最低必要土地面積以上、土地予算以内の土地を探す

土地の購入

建築予算内での図面の作成依頼

建築の詳細打ち合わせ

いつもお伝えしていますが、住宅計画づくりが何よりも先
に必要なんです。それをしないで、博打のように終始ビク
ビクしているなんて辛い…

契約書に印鑑を押したら後戻りはできませんよ。住宅計画
をしっかりして、使っても大丈夫な土地建物総予算を把握し
てから動き始めましょう!

支払切れる事の方が大事
維持し続けることの方が大事

住まいの役割である「雨風をしのぐ」のは、
土地ではなくデザインでもなく、建物

ということも忘れないでほしい…

順番を間違えて、建物予算が土地予算に圧迫された人も多数

とりあえず、あるいはなんとなく土地購入の方は、

「ちょっと待ったぁ!」

ですね。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ