お爺ちゃんの土地に建築することとは

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

「お爺ちゃんの土地に建築するとは」

お爺ちゃんが所有の土地に住宅を建築する予定をお持ちの方も、
たくさんいらっしゃいますよね。

その理由は、あげるって言われているし、土地を購入しなくても良いか
ら、なんてものが多いようですね。

ご先祖に感謝することが一番大切ですね。

そんな計画をお持ちの方も、確認することはたくさんあります。
直ぐに気になってしまうのが、

親兄弟はいますか?相続はどうしますか?

そんなことをイメージして欲しいし、確認することが大切ですね。

まずは、お爺ちゃんが亡くなられた時、親兄弟が法廷相続人で
あることを頭に入れて置いて下さいね。

例え親兄弟が亡くなられていたとしても、そのご子息(孫)も権利を
主張できるということも覚えておいて下さいね。

そこから、ご家族にとって大切なことを確認していって下さい。

建築する土地を建築する本人の名義にしない場合は、
例え自分の家が建っていても、土地全体がお爺ちゃんの名義ですよね。

親兄弟が法定相続人ですから、慌てて揉め事にならないようにする
必要がある方もいるはず。揉めてしまったら時すでに遅し状態です。

また、建築する本人の名義にしない場合は、お爺ちゃんにローンの連
帯保証人になってもらう必要もありますよ。

今回のケースは、お爺ちゃんが認知症で施設に入っているから、
今後も使用する予定がないという土地でもある…

認知症の診断結果がある方の土地や資産を親族が勝手に名義変更
することはできないし、変更するためには成年後見人制度が必要になっ
てくるということもありますよ…

そんな流れを認識してもらいながら、自分のお金で家を建てるんだから、
仲の良い親族とはいえ、法定相続人さん達以上に、権利の整理の時に
はそれぞれの家族もいらっしゃいますので、

ややこしくならないように、親族で一度集まって一緒に考え、相続分配
も含めて確認していきましょう。

と、やり取りをした意見交換会でした。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ