実家の敷地内に建築することとは

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ

「実家の敷地内に建築することとは」

実家の敷地内に住宅を建築する予定をお持ちの方も、たくさん
いらっしゃいますよね。

その理由は、土地を購入しなくても良いからが多いようですね。

ご両親に感謝することが一番大切ですね。

そんな計画をお持ちの方も、確認することはたくさんあります。

兄弟はいますか?相続はどうしますか?

ご両親が亡くなったら、実家やお庭も維持管理していきますか?

そんなことをイメージして欲しいし、確認することが大切ですね。

まずは、ご両親が亡くなられた時、ご兄弟が法廷相続人であるこ
とを頭に入れて置いて下さいね。

そこから、ご家族にとって大切なことを確認していって下さい。

建築する土地(敷地内)を建築する本人の名義にしない場合は、
例え自分の家が建っていても、土地全体がご両親の名義ですよね。

ご兄弟が法定相続人ですから、慌てて揉め事にならないようにする
必要がある方もいるはず。揉めてしまったら時すでに遅し状態です。

また、建築する本人の名義にしない場合は、ご両親にローンの連帯
保証人になってもらう必要もありますよ。

そして、ご両親が亡くなられた時、上記よりも意外と皆さん想定不
足なのが以下。

お庭の手入れ

実家の維持管理

敷地全体の税関係の負担

色々な想定ができていたら、

実家の土地を売却できるような位置に自分の家を建てようかなぁ

実家の維持管理費や解体費なども含めて、親と兄弟に話をしようかなぁ

などなど、それぞれのご家族の形が見えてきますね。

今回も、実家のご両親にもお会いして一緒に考えて頂き、相続分配を
考え遺言書を書く、とお父様が動き出したそんな意見交換でした。

前へ   お客さまの質問集 TOPへ   本間工務店HP TOPへ